35
1: 感想  2015/12/15(火) 12:59:40.09 _USER*.net
昨日12月14日、松来未祐の四十九日が無事に終わりましたことを、ご報告させていただきます。

ご遺族の「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しいので、 病名を公表したい」とのご意向により、この度病名を公表することといたしました。

精密検査の結果、「慢性活動性EBウイルス感染症」という
非常に症例が少なく、難病指定もされていない難しい病気であることが判明し、
そこから松来未祐の闘病生活が始まりました。

http://blog.excite.co.jp/matsukimiyu/22662440/

【画像】おっぱいのぶるんぶるん具合がエロ過ぎるww



26: 感想  2015/12/15(火) 13:13:18.03
病名公開は英断だな

これで自殺説とか
不名誉な憶測が飛び交わずにすむわけで

28: 感想  2015/12/15(火) 13:14:41.32
病名覚えたよ 予防も治療も難しいんだね
まずは、こういう病気があることをみんなが知ることが一歩だと思う

39: 感想  2015/12/15(火) 13:19:44.87
珍しい病気だから、広く認知されることを希望したんだろう。
ご家族にはお悔やみ申し上げます。

45: 感想  2015/12/15(火) 13:21:21.74
>>39
事実、初めて聞いた病気だわ

55: 感想  2015/12/15(火) 13:25:45.64
慢性活動性EBウイルス感染症(まんせいかつどうせいEBウイルスかんせんしょう、
Chronic Active Epstein-Barr Virus infection : CAEBV)とは、EBウイルス
(Epstein-Barr virus) が慢性的に体内で活動、増殖を続ける稀な疾患である。

CAEBVは現在有効な治療が確立されておらず、血球貪食症候群を併発したり、
最終的に多臓器不全や悪性リンパ腫などを発病することで依然高い致死率を示
す予後不良の疾患であるとされる。

欧米では少なく、日本をはじめとするアジア地域での症例が多いせいもあり、
世界での研究がほとんど進んでおらず、難病といえる。

EBウイルスは大多数の人が感染を経験しているものの、通常は特に問題にはな
らずに済んでいる。EBウイルスはヒトの唾液の飛沫などを介し、幼少期から思春期
にかけて自然に感染が起き、ヒトリンパ球内で増殖するが、体内の免疫機構により
処理され、多くの場合 抗体が産生されて制御される。

風邪症状、扁桃炎などの経過で数日で治癒し、不顕性感染で終わることが多い。
一部の人では初感染時にその免疫反応が強く現れることにより、伝染性単核球症
を発病するが、それでも数週の経過で自然治癒するため、問題とはならない。

日本人の90%以上がEBウイルスに対する抗体を有しており、検査によって過去に
感染をしていたと(つまり既感染パターンと)証明される。

ところが、非常に稀なケースとして、EBウイルスの初感染時、あるいは既感染のヒト
においても免疫制御されていたウイルスが何らかのきっかけから体内で再活性化
をきたすことで、持続的にリンパ球内に感染を生じ、体内での免疫制御が不能とな
ってしまうことが知られ、そのため慢性的にウイルスが増殖活動し、重症化するとい
うことが起こる。これがCAEBVである。

59: 感想  2015/12/15(火) 13:26:47.05
>>55
みんな一度は感染しているのか

76: 感想  2015/12/15(火) 13:42:05.14
だいたいの人は子供のころに感染発症してそのまま抗体ができて終わるけど
ごく稀に急にウイルスが劇症化することがあり
一旦そうなったら治療法はない

ってことか
すごく怖いな…なんとか治せないのか

とても性格のいい声優さんだったから本当に悲しいわ



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450151980/




人気記事ランキング

        人気記事

        オススメ記事